ものすごく久しぶりに詩人のミラプリを考えてました。

20200524a

20200524b

頭:ミーン・レンジャーターバン(染色:ディープウッドグリーン)
胴:オヴィムレンジャー チュニック(染色:アダマンタスグリーン)
手:サベネアングローブ(染色:アッシュグレイ)
脚:キマイラフェルト・レンジャーホーズ
足:エクスペディション・サイブーツ(染色:バークブラウン)


20200524c

きっかけは荷物整理w
ドレッサーの容量が厳しくなってきて断捨離してたら、いつか使おうと思ってたヤフェーム・レンジャーターバンの存在に気付きまして。でもヤフェームシリーズって新式のデザインにもなってるんですよね。ミーンシリーズがヤフェームとディアボリック混合だったかな?
なので染色できないヤフェーム頭はGCに納品しちゃって、代わりにミーン頭を取っておこう・・・ってやってたらミラプリしたくなっちゃった。


レンジは3ジョブありますが、中でも詩人はクラスがスタートするグリダニアの記憶が強く残っているせいか、個人的には森の中のハンターってイメージがあります。
オヴィムレンジャーチュニックはそのイメージにぴったりで、今回使ってみました。
(てか、この胴装備も以前のトークン装備と同デザインだったような・・・真理だっけ)
エキゾチックな装飾が民族衣装ぽくて気に入ってます。脚装備も一応記載してありますけど、サイハイブーツにすると全然見えないから何でもいいと思うw


20200524d

手装備の色と、胴装備に付属してるアームガードの色がぴったりに合わせられなかったのだけが気になるところ・・・
じゃあ手装備を透明にすればいいんじゃない?とも考えましたが、弓を取り扱うのなら手は保護したいじゃないですか。がっつりグローブにしちゃうと歌うときにハープをかき鳴らしにくいし、ハーフグローブ系がいいかな?とか、こういう小さな拘りであれこれ装備を探して合わせてみるのがミラプリの醍醐味だと思ってます。